大学で活用されるシャトルバス

近年、大学の数が増加し、郊外にキャンパスがあるという場合が多いです。そのような場合、シャトルバスが運行される事があり、大学に通う学生の足となっています。無料で運行されているケースが多く、それなりの定員が乗る事が出来るようになっています。シャトルバスは、通う学生の数を考慮して車種が選ばれ、複数台を所有する事があります。このようにする事で、ピストン輸送を行う事ができ、効率的に学生をキャンパスまで乗せていく事が出来るのです。交通機関が充実している学校では、このような事が行われず、電車の最寄り駅から徒歩で行けるようになっていたりします。

大学までのシャトルバスが便利

大学の増加ともに、都心エリアから郊外型のキャンパスが多くなっています。広い敷地内で気持ちよく講義を受けることができますし、学生が近くに部屋を借りて住む場合の賃料も比較的安く人気となっています。おもな通学手段は、最寄駅からシャトルバスに乗るスタイルになります。キャンパスの目の前で乗り降りできるので便利ですし、安全です。最近では、高校生が授業の体験をしたり、校舎の見学などを行うオープンキャンパス開催時や、受験などのときにもシャトルバスが運行します。料金は、無料の場合やチケット制、ICカードでの支払いなどいろいろな形態がありますが、利用しやすくおすすめです。

↑PAGE TOP